• 大鳥音楽祭

    Ohtori Music Festival

    大鳥音楽祭は、人と人、人と地域が交差する辺境の音楽イベント。

     

    世界へ向けて表現しているアーティストと、

    山を歩きたい、森の中で創造作品に出会いたい、自然と調和する生演奏を

    聴きたいという人とが出会う場です。

     

    大鳥音楽祭を通じて、大鳥を好きになってもらうこと、

    再び訪れてもらうことを目指しています。

    【開催概要】

    2021年6月5日(土)

    大鳥音楽祭14:00~(大人3000円 高校生以下料金有 定員40名)

    【会場】 大鳥自然の家 山形県鶴岡市大鳥字寿岡112

    ※コロナ感染対策を実施しての開催となります。詳細は注意事項を確認ください。

    残席数0 定員に達しました。たくさんのご応募ありがとうございました。更新:2021年5月28日

  • Artists

    大鳥音楽祭のステージを飾る、演者たちをご紹介

    二代目 高橋竹山&小田朋美​ (津軽三味線・Piano)

    二代目 高橋竹山

    10歳より三味線に触れ、17歳の時に初代高橋竹山のレコードを偶然聴き衝撃を受け、18歳で内弟子入り、6年間の内弟子生活を経て独立。初代が亡くなるまでの25年間、初代と舞台を共にした。1997年渋谷ジァン・ジァンで公演にて二代目高橋竹山襲名以降も、全国各地で演奏活動を続ける。さまざまなジャンルの音楽家、舞踊、新劇の人々と共演し三味線と唄の新しい世界を追求中。

    【Web site】http://www.chikuzan.jp/

     

     

     

    小田朋美
    神奈川県出身。作曲家、ヴォーカリスト、ピアニスト。東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業後、音楽活動を開始。ソロ活動をはじめとし、「CRCK/LCKS」のメンバー、「cero」サポートメンバーと活動するほか、二代目・高橋竹山の演奏会ピアニストや、CM、ドラマ、映画などの映像音楽制作も行う。13年に1stソロアルバム『シャーマン狩り』、17年にミニアルバム『グッバイブルー』を発表。Eテレで放映中の『天才てれびくんhello,』の音楽を担当。映画『東京喰種【S】』(2019)『素敵なダイナマイトスキャンダル』(2018)の音楽を菊地成孔とともに担当。

    保多由子​ (メゾソプラノ)

    鶴岡市で少女時代を過ごす。第四小、第一中、鶴岡南高校を経て、東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。コンサート歌手として、多彩な演奏活動を展開する。

    現代日本の作曲家作品の初演、NHK・FM「夕べのリサイタル」出演、東京国立博物館表慶館修復を記念する同館でのソロリサイタル、アントワープ(ベルギー)での日本歌曲による3公演などは特筆される。

    長年にわたる教育研究職を退いた近年は、ピアノによる弾き歌いでも新境地を拓く。

  • Food&Drinks

    お腹が減ったら、喉が乾いたら…。大鳥でしか食べられない飲食の数々を、ぜひどうぞ。

    自家焙煎珈琲ひぐらし

    庄内ではお馴染み、ひぐらしさんがコーヒーをご提供。

    とちあられ&くるみおこわおにぎり

    栃の実をもち米に練って作った、朝日地域では定番のお茶菓子、栃あられ。それにオニグルミを使ったおにぎり。大鳥からほど近い、倉沢地域の「加工蔵まや」 さんがご提供。

    山菜汁 (音楽祭メニュー)

    大鳥で採れる旬の山菜をふんだんに使ったお汁。ワラビやフキ、ミズなど、どんな山菜が入っているかは当日になってのお楽しみ。

    大鳥の山菜ごっつぉ三種盛り

    地元のばばちゃん達が作った山菜料理を贅沢にも一皿で好きなだけ盛れます。イタドリの油いため、ぜんまい煮、わらびの一本漬け…どんなご馳走が並ぶかは当日のお楽しみ♪

    月山ド

    亭主ゆうかっぷが営む月ようびだけのごはんやさん『らふ亭』が大鳥音楽祭に登場!
    庄内の食材を使って遊び心満載のお料理を提供します。

  • Exbision

    大鳥音楽祭に合わせて、絵画や彫刻、民俗パネルの展示を行います。

    大鳥美術展

    ・布施美津子 絵画

    ・嶋尾 和夫(鶴岡市大鳥) 詩/彫刻

    ・浅野友理子(宮城県塩釜市) 絵画

    ・桃与(鶴岡市大鳥) 映像絵画

    展示場所:大鳥自然の家体育館など

    写真:大鳥池の四季

    三浦一喜

    大鳥の山奥の奥には、幽玄にひろがる大鳥池がある。

    ここは、幻の巨大魚タキタロウが棲むという高山湖。

    展示場所:大鳥自然の家体育館など

  • About OHTORI

    標高270m、冬は積雪3mにもなる豪雪地帯。庄内平野を潤す赤川の源流、大鳥池の麓に位置する。伝説の巨大魚タキタロウを追い求めて大鳥を訪れる人も少なくない。山菜・キノコ・木の実など山の恵みを糧として暮らし、熊狩りを中心としたマタギ文化が今も残る。

  • OVERVIEW

    開催概要

    Date & Place

    2021年6月5(土)

    13:00~ 開場

    14:00~ 開演

    17:00 終了

     

    会場:大鳥自然の家

    (山形県鶴岡市大鳥字寿岡112)

    ENTRANCE FEE

    大人:3,000円

    高校生:1,000円

    中学生:500円

    小学生以下:無料

     

    ※新型コロナウイルス感染対策のため、入場制限あり。40名まで

    STAY

    今回の音楽祭では、宿泊の用意はありません。

    Reservation

    今回の音楽祭は定員40名の事前予約制となりま す。

    ⇒残席数0 定員に達しました。たくさんのご応募ありがとうございました。更新:2021年5月28日

  • Map

    会場の地図

  • Attention

    注意事項

    新型コロナウイルス感染防止対策について

    • 当日、終了後の打上げはありません。また、大鳥自然の家への宿泊もできません。
    • 会場内での飲酒は出来ません。酒類の持ち込みもご遠慮ください。
    • 各自治体が発表している緊急事態宣言、まん延防止等重点措置に該当する地域からお越しの方は、開催前日までに結果が分かるようにPCR検査を受け、陰性である事を確認してください。
    • 会場内ではマスクの着用をお願い致します。
    • 会場受付にて手の消毒、検温のご協力をお願い致します。
    • 大鳥自然の家の定員制限に伴い、事前予約制をとらせて頂いております。参加ご希望の方は以下のURLにアクセス頂き、ご記入をお願い致します。
      定員に達しました。たくさんのご応募ありがとうございました。更新:2021年5月28日とうございました。更新:2021年5月28日

    お車は大鳥自然の家敷地内の駐車場をご利用ください。

    交通の妨げにならないよう駐車してください。駐車スペースが見当たらない場合、会場のスタッフに申し付け下さい。

    飲食の持ち込みはOKです。(出したゴミはお持ち帰り下さい。)

    近所にコンビニはありませんので、お持ち込みか、音楽祭の会場の出店でお買い求めください。会場で飲酒は出来ませんのでご注意ください。マイ箸、マイカップをぜひご持参ください。

    音楽祭当日は、鶴岡駅からの直通バスはございません。

    庄内交通の鶴岡駅前~大鳥自然の家行きの直通バスは、土日祝については2017年4月からなくなりました。鶴岡駅からお越しの際は、レンタカーやタクシーをご利用ください。

    大自然の中に身を置きます。心を解放してください。

    わくわく・どきどきは何よりの心の栄養です。時には会場を飛び出して散歩するのもいいでしょう。会場から漏れてくる生演奏や、初夏のにおいを味わってみましょう。闇夜に見上げればいくつもの星が。耳を澄ませば虫の鳴き声が。川辺にはホタルがいるかもしれません。

    ご不明点などあれば、大鳥音楽祭実行委員会に遠慮なくご連絡ください。

    • 大鳥音楽祭実行委員 

      代表 嶋尾和夫0235-55-2651

         田口比呂貴 090-7757-7491

      MAIL:tagu_h1114_18@yahoo.co.jp

  • FLYER

    チラシ表

    チラシ裏

    ポスター

  • TIME TABLE

    13:00 開場

    14:00 開演

    14:10~15:00 保多由子

    15:20~1700 高橋竹山・小田朋美

    17:00 閉演

  • SNS

    大鳥音楽祭の最新情報はこちらから

    Facebook

  • 過去の出演者

    Past performers

    2019年

    天田透Trio Blauberg 

    (天田透、文河潤、本間克範)

    小川紀美代(バンドネオン)

    夜久一(ギター弾き語り)

    唯一無二の流れ

    (板垣博信、松本健一、塩野博紀)

    黒川能(若手有志による能面をつけない仕舞い)

    2018年

    松本健一スペシャルセッション

    (松本健一、福島久雄、礒見博、若林美佐)

    保多由子(ピアノ・メゾソプラノ)

    サトチエ(ギター弾き語り)

    西野神楽(庄内町)

    2017年

    礒見博カルテット

    白崎映美

    北村謙

    天田透・文河潤DUO

    in the peace

    藤島 獅子踊り

    2016年

    礒見博トリオ

    天田透

    長尾トリオ

    イナプラネチャーニン

    朝日祥雲御山太鼓

  • Inquiry

    大鳥音楽祭についてご質問等あれば、下記フォームからご連絡ください。

  • 主催:大鳥音楽祭実行委員会

    共催:大鳥自然の家

すべての投稿
×